我が子の身長への不安からの母親としての行動

“うちの息子は、現在は小学生となり平均的な身長です。
しかし、お腹にいる時からいつも小さめだといわれ同い年の友達の中でも身長は低いのが普通でした。
私も夫も小柄な方で153㎝と170㎝と決して背は高くないのであまり気にしないようにしようと思っていたのですが不安はありました。
女の子なら背が低くてもまあ良いけれど男の子は背が低いとコンプレックスになるかもしれません。
それで私はまず栄養面を考えました。
息子はまだ低年齢だったから仕方ないとはいえ偏食が酷く少食でした。
それを少しでも改善したいと考えて我が家ではセノビックを試すようになりました。
子供が好きな美味しい甘い飲み物なので嫌がらないのもポイントでした。
昔CMで見た時に覚えていたので購入して飲ませたら息子も大丈夫そうだったので毎日なるべく飲ませました。
とりあえずセノビックを飲んでることで親も偏食なのを気にし過ぎずに済むようになって良かったと思います。
また、食べる量自体を増やしたくて適度な運動をさせようと努力しました。
あまり動いて遊ぶ子供ではないのも身長が伸びていかない理由の一つかもしれないと思ったのです。
それで楽しんで動けるように、親も一緒に鬼ごっこやかけっこ、縄跳びなどたくさん運動遊びをするようにしました。
すると食べる量も増え食べられる物の種類も格段に増えました。
セノビックも続けてそのまま小学生となり、今は身長順ではクラスでは真ん中くらいですが身体はたくましく成長しました。
やはり身長を伸ばす為だけに何かするというよりも体全体を健康的に成長させていくのを考えるのが良いのかなと思っています。
ジャンプするのも身長が伸びるのには良いらしいのでトランポリン遊びなどを積極的にしています。
このまま元気に親の身長を追い越すくらい頑張ってほしいです。